RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
風魔の小次郎
 
JUGEMテーマ:漫画/アニメ

修学旅行とかで、お土産に木刀を買う奴が、学年に一人くらいは必ずいる。
ちなみに僕が小学校の頃、太秦映画村に行った折、うちの父は木刀を買っていた。

という事で、今日は木刀の話をする。
木刀と言われると、僕の頭には『風魔の小次郎』しか思いつかない。



続きを読む >>
author:Zhi-Ze(ジーズ), category:ハ行, 18:57
comments(0), trackbacks(0), pookmark
パラサイトイブ
 JUGEMテーマ:読書

科学についてのリアリティと、ちょっと俗っぽいけれんみが同居している作品。
映画化されたとき、ちょっとなんというかチープだったので寂しかった。

続きを読む >>
author:ちゅうた, category:ハ行, 17:03
comments(0), trackbacks(0), pookmark
プラレス3四郎 (7)
JUGEMテーマ:漫画/アニメ

プラリンピアと言うのがラストで描かれます。
つまり、ロボのオリンピックです。
このプラレス3四郎では。



でも、中途半端です。
打ち切りみたいな終わり方です。広げた風呂敷をそのままに帰って行った感じです。
でも別に良いんです。
続きを読む >>
author:ちゅうた, category:ハ行, 13:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
坊っちゃん
 
JUGEMテーマ:読書

ここ数年、所謂、「純文学」とか「古典」とかにカテゴライズされている本を、読み始めた。

最初は「30歳も過ぎたことだし、社会人としての一般教養として、ある程度はそういう本も読んだかにゃならんよね」という感じで、どっちかと言うと消極的な動機だったんだけど、これが読んでみると意外と面白い。

中でも夏目漱石の『坊っちゃん』が一番気に入った。





続きを読む >>
author:Zhi-Ze(ジーズ), category:ハ行, 17:21
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ファイブスター物語(1)
JUGEMテーマ:漫画/アニメ

美形と聞くと、これしか出てこない。
中学生のときからのつきあいなので、二十年くらいのつきあいになります。
展開が気になってニュータイプを買ったこともありました。



ロボと美形キャラ(老若男女)とチャンバラと神秘、なんでもありの壮大な世界観。それらを支える大量の設定。でも第一巻はロボが出てくる少女漫画というノリだった。でも、いろんな要素が詰め込まれた見事なオープニングなのであります。だから中学生の私は、発売されていた1巻から3巻をひたすらに読み返し、設定集もいやほど読んで、わくわくしていたのです。
続きを読む >>
author:ちゅうた, category:ハ行, 17:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ホワイトアウト
JUGEMテーマ:読書

先々週に「冬」というお題をもらって、散々苦労して捻りだしたと言うのに、あろうことか八割方、僕の中ではイメージが被っている「雪」というお題をいただいた。正直、頭を抱えてしまった。

こうなったら、先々週の『マヴァール年代記』をコピペしてやろうかとも思ったのだけど、さすがにそれでは申し訳が立たないので、今週もかなり悩んで、どうにか一つ思いついた。

今週は真保裕一の『ホワイトアウト』にしよう!


続きを読む >>
author:Zhi-Ze(ジーズ), category:ハ行, 17:44
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ベイスボイルブック
JUGEMテーマ:読書



ベイスボイルブックというのは、南国でやられている野球のような競技にまつわる物語なのです。
話の内容とか云々より、私がすごく印象に残っているのは、文体です。

ドライな文体は南国の空気をすごく良く表し、何とも言い難い不思議な「どうでもいい」感を醸し出しております。
続きを読む >>
author:ちゅうた, category:ハ行, 12:32
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ぼくらの七日間戦争
JUGEMテーマ:読書

『ぼくらの七日間戦争』を初めて読んだのは、もう、20年も前の話になる。
最初は映画から入ったのだけど、登場するキャラクターたちと同世代だったことも有り、すぐにハマってしまった。



以来、英治やひとみたちが活躍する作品を未だに追い続けている。ちなみに映画でしか『ぼくらの七日間戦争』を知らない方の為に、少し補足しておくと、小説の『ぼくらの七日間戦争』は主人公たちが中学を卒業し、高校、大学、社会人になっても続く一大サーガ「ぼくらシリーズ」を形成していて、既に数十作品を世に送り出している。

が、今回はあくまで『ぼくらの七日間戦争』の話だ。


続きを読む >>
author:Zhi-Ze(ジーズ), category:ハ行, 11:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
阪急電車
JUGEMテーマ:読書

今回は有川浩の『阪急電車』にする。



「電車」というお題を見た瞬間に、他の選択肢が思い浮かばないくらいあっさり決まった。僕にしては、結構、珍しいことだ。
続きを読む >>
author:Zhi-Ze(ジーズ), category:ハ行, 17:42
comments(0), trackbacks(0), pookmark
武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新
JUGEMテーマ:読書

時代劇が好きだ。うちの父も時代劇ばかり見てるし、亡くなった祖父も時代劇が大好きだったから、これは分かりやすく影響を受けているんだろう。

一口に時代劇と括っても、いろんなのがある。その主人公だけをとっても様々だ。例えば銭形平次は“岡っ引き”だし、おえんなら“付き馬屋”。だけど、やっぱり時代劇の主人公の花形は侍だ。中村主水も矢坂平四郎も侍だし、雲さんだって侍だった。少年時代の僕にとって、侍ってのはヒーローだったんだ。

ちょっと待て。ここで大人になった僕は考えてしまう。
本当に侍はヒーローか? 侍にだって、普通の生活がある筈だ。
『武士の家計簿』が僕に答えを与えてくれた。


続きを読む >>
author:Zhi-Ze(ジーズ), category:ハ行, 14:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ブログパーツ