RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
夜は短し歩けよ乙女
JUGEMテーマ:読書

「萌え」っていう言葉が一般化したのは、いつからだろうか?
僕が大学生だった、10年とちょっと前には、まだ「モエ」と言われると「燃え」という漢字が脳内で変換されていた筈だ。

これだけ巷に溢れている「萌え」なのに、僕が読んだ本の中には「萌え」の定義(これも曖昧ではあるのだけど)に当てはまりそうな本は意外に少ないことに気付いた。まあ、一般教養として『涼宮ハルヒ』くらいは読んだけど。

今回は森見登美彦の『夜は短し歩けよ乙女』にする。これは確かに「萌え」である。


続きを読む >>
author:Zhi-Ze(ジーズ), category:ヤ行, 13:42
comments(0), trackbacks(0), pookmark
妖世紀水滸伝
JUGEMテーマ:ライトノベル

雨のシーンが出てくる小説は多い……筈だ。
たくさんある筈なのに、いざ“雨”というお題で何か本を紹介しろ!」と言われてしまうと、これが意外に思いつかないものだ。

何しようかなあと考えてみて、
「ああ、そう言えば『妖世紀水滸伝』って冒頭は雨のシーンだったな」

続きを読む >>
author:Zhi-Ze(ジーズ), category:ヤ行, 09:31
comments(0), trackbacks(0), pookmark
夢で会いましょう
 衝撃を受けた。
 それまで短編は一切読まなかったけど、ふとしたきっかけでこの本を手にした。
 特にパン屋襲撃の項目は面白かった。




続きを読む >>
author:McStay, category:ヤ行, 19:55
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ブログパーツ