RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
キン肉マン
JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 
僕がリアルタイムで体験したオリンピックの最も古い記憶は、カール・ルイスが大活躍した1984年の「ロサンゼルス・オリンピック」だ。

では、その次に古い記憶はなんでしょうか?
1988年の「ソウル・オリンピック」……と言いたいところだけど、実は違う。

僕にとって、2番目のオリンピックは「超人オリンピック・ザ・ビッグファイト」なんだ。

と言うことで、今回は『キン肉マン』の話をしよう。


 


続きを読む >>
author:Zhi-Ze(ジーズ), category:カ行, 15:47
comments(0), trackbacks(0), pookmark
信濃すとーん記
JUGEMテーマ:読書

信州の石の本。
まさしくそういう本。

どこの地方もそうだとは思うけれど、信州の地方出版もなかなかにとんがってる。
まえは銀河書房という出版社があって、とんがった本を出していた。
Hamidas」と言う本は、現佐賀県知事の古川康氏を中心として編集された本なんだけれど、そのふざけてるけどちょっとまじめな内容は、私が信州人であることに凄く自覚をくれたものです。
続きを読む >>
author:ちゅうた, category:サ行, 21:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark
坊っちゃん
 
JUGEMテーマ:読書

ここ数年、所謂、「純文学」とか「古典」とかにカテゴライズされている本を、読み始めた。

最初は「30歳も過ぎたことだし、社会人としての一般教養として、ある程度はそういう本も読んだかにゃならんよね」という感じで、どっちかと言うと消極的な動機だったんだけど、これが読んでみると意外と面白い。

中でも夏目漱石の『坊っちゃん』が一番気に入った。





続きを読む >>
author:Zhi-Ze(ジーズ), category:ハ行, 17:21
comments(0), trackbacks(0), pookmark
帝都物語
JUGEMテーマ:読書

鬼というお題をもらった今週。
私は寝込んだんです。
また……。猛烈な吐き気に襲われて、実際吐きました。
医者に行って、胃腸風邪だねと言われたけれど。まあひどい目に遭いました。なんか最近からだが弱くなった気がする。オッサン化着々進行中か。

さて、オッサンになる前。高校生だった頃、私はこの帝都物語を読んでおそらく国文学科に進むことを決めました。ホントは理系に行きたかったんだけど、数学が出来なかったので。で、そのときに自分の国語の成績がそこそこ良いことに気がついたのでした。



まあつまり、帝都物語は鬼の物語なのであります。
おにとはすなわち、こういう定義をされており、加藤保憲そのものだと言って良いのです。

続きを読む >>
author:ちゅうた, category:タ行, 09:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
THE MOMOTAROH
 
JUGEMテーマ:漫画/アニメ

昔はプロレスマンガって結構あった。
プロレスそのものではなくても、リングの上でプロレス的なバトルが展開するマンガは珍しくなかった。『聖闘士星矢』だって最初はリングで客の前で戦ってたんだから。

それが今では、そういうプロレス的なマンガすらもレッドデータブックに載りそうな絶滅危惧種になってるじゃないか! 僕は「プロレスファンじゃなくなりました宣言」をしたのだけど、それでもこの状況は気がかりだ。

プロレスマンガの傑作って何だろうか?と考えた時、僕の脳裏に真っ先に思い浮かんだのは、にわのまことの『THE MOMOTAROH』だった。





続きを読む >>
author:Zhi-Ze(ジーズ), category:マ行, 20:28
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ストーリーメーカー 創作のための物語論 【BTAB 7th -3】
 
『南回帰船』批判爆発

Zhi-Ze: あと、もう一つ、気になってることがあってさ。

ちゅうた: うん。

Zhi-Ze: 実際に物語を作っていく例として、大塚英志の教え子の作った話が出てくるじゃない?

ちゅうた: うん。

Zhi-Ze: あれがこのツールを使うには、変化球すぎる気がして。それが分かりにくくしてる要因の一つかなと思う。

ちゅうた: 直球と変化球両方用意する方がいいよな。ボリュームの問題もありそうだけど、直球は前段でやったから要らないのかな?

Zhi-Ze: 個人的には、王道のヒロイックファンタジー的なのを並べてくれると、分かりやすかった気がするな。

ちゅうた: 『南回帰船』を外したら入れられたんじゃないかな。

Zhi-Ze: 『南回帰船』批判爆発だな。

ちゅうた: んー、『南回帰船』ってみんな知ってる話なのかな?

Zhi-Ze: 少なくとも俺は知らない。

ちゅうた: 他はそこそこメジャーじゃない。型を作るのに使われたたロシアの神話とかはまあ知らないけどさ。

Zhi-Ze: この本ってさ、ハウツー本ではなくて、ハウツーの皮を被った、物語論の本だからじゃない?

ちゅうた: この手の実用書にはよくある話だね。

Zhi-Ze: ある意味で『南回帰船』の語ることが主題なんだよ。まず『南回帰船』ありき。


続きを読む >>
author:747576, category:BTAB(チャットで討論), 15:39
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ストーリーメーカー 創作のための物語論 【BTAB 7th -2】
この本のジレンマ

ちゅうた: そもそも、著者の意図と違わないか?

Zhi-Ze: 著者の意図?

ちゅうた: なんかストーリーを作った事が無くて、もやもやしているしている人向けじゃなかった? この本。触れ込みは。

Zhi-Ze: でもさ、このツールは「ストーリーの原型になるアイデア」がないと使えないじゃない?

ちゅうた: そもそもはそうだね。

Zhi-Ze: それがちゅうたの言う「なんか作る」の工程なんじゃないの?「なんか作る」がアイデアだけなのか、完成品なのかは問題じゃないと思うよ。で、多分、このツールの最大のハードルはそこなんだよ。

ちゅうた: そもそものアイデアがないと使えないってこと?

Zhi-Ze: そうそう、最初のアイデアは誰もくれないじゃない。当たり前なんだけどさ。でも、正直、最初のアイデアさえあれば、あとは何でも作れちゃう気もする。ここがこの本のジレンマかと。


続きを読む >>
author:747576, category:BTAB(チャットで討論), 15:26
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ストーリーメーカー 創作のための物語論 【BTAB 7th -1】

JUGEMテーマ:読書
 
「ナナヨン・ナナゴ・ナナロク」のメンバーが課題図書を読んで、意見を戦わせるチャット読書討論会「Battle Talk About Book」(略称「BTAB」)。

第7回は『ストーリーメーカー 創作のための物語論』を取り上げます。




続きを読む >>
author:747576, category:BTAB(チャットで討論), 15:14
comments(0), trackbacks(0), pookmark
われら動物みな兄弟
JUGEMテーマ:読書

ムツゴロウさんはほんわかした人じゃない。
実験後の動物は食べるし、歯がぼろぼろだったら海水で口を洗う。
テレビのムツゴロウさんは偽物だと思う。



そう思うくらいの衝撃の本だった。
続きを読む >>
author:ちゅうた, category:ワ行, 12:25
comments(1), trackbacks(0), pookmark
「旭山動物園」革命―夢を実現した復活プロジェクト
JUGEMテーマ:読書
 
動物園が好きだ。
子供の頃は当然のように好きだったし、大人になった今も変わらず好きだ。

「旭川動物園」のエピソードを知るまでは、正直、動物園と経営や企業努力みたいなものが、全く結びつかなかった。

考えてみたら当たり前の話なんだけど、動物園にも一般企業と同じように、経営や企業努力みたいな話があるということを、『 「旭山動物園」革命』を読んで、改めて理解した。



続きを読む >>
author:Zhi-Ze(ジーズ), category:ア行, 16:15
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ブログパーツ